テリー入口

テリーの独り言
11月25日 (日曜日)  過去8年間通い続けていた 建 孝三 クラシックギター教室が主催する合奏コンサート (Guitar Ensemble ORPHEUS) へ行ってきました。

場所は、新浦安駅前にある浦安音楽ホール

こんな素晴らしいコンサートホールで演奏したいところではありましたが現在、教室を休んでいるので出演できません。なのでこの日は、お手伝いとして舞台裏方に廻って、先生はじめ、スペイン旅行も一緒に行ったことのある愉快な仲間たちとの再会も楽しんできました。

 聞くところによるとこの立派な音楽ホール、昨年から存続あるいは廃止した場合の比較や運営に係る課題の検証等が進められて来たそうで、その結果、まぁ~色々な制度改革を導入し存続することが決定したそうな。大小複数のホールがあり、中には演劇上演も可能な舞台もありそうでした。基本的には、クラシック音楽の演奏を多くの人に楽しんでもらえることを目的に「静けさ」と「響きの風景」をテーマとして音響設計が行われているそうです。

内装外装の造りや規模の面からサントリーホールなどと比較にはなりませんでしたが、静けさと深い音響、ステージと客席が包み込まれるような一体感は申し分ありませんでした。ブラボー!
テリーのお芝居&イベントご案内
1年半ぶりとなる 第5回 本公演!
■公演日:
・12月22日 (土)・23日 (日)
・計4回公演 (11:00~ / 15:00)
■会場:市川市文化会館 小ホール
■チケット好評発売中 ■全自由席
・前売り2,000円 (当日2,500円)
■テリーは毎回、同じ役で出演します。
■作・演出 吉原 廣
■作曲 テリー高橋
■お問合せ:テリーまで
ああ大波小波乗り越えて、生きてきました昭和原人。 魂揺さぶるあの曲この曲、昭和歌謡の調べに乗せて、 恥多きシニア世代の「嘘と誠」に分け入ります。

 前回ご好評を頂きました歌入り芝居に引き続き、シニア・ミュージカルと銘打って、今回も舞台の上で踊り歌い、そしてお芝居を繰り広げます。
乞うご期待!