テリー入口

テリーの独り言
8月5日 (土曜日)
 台風5号が沖縄・南方周辺で足踏みしているようだ。そういうシーズンが到来しつつあるんだね。

ついこの間「夏至」が訪れ、なにやら昼間の時間を得した気分になったていた。でも、8月に入れば季語的には暑さが残るという風情なんだね。とはいっても、じめじめした湿度に加え、室内の温度計は誇らしげに32度を示している。なにやら原付のスピードメーターみたいだけど温度計です。

 そんな暑さがいっぱい残っている中、昨日は「波瀾ばんばん座」の芝居稽古に足を運んできた。今秋11月にミニ公演を予定している芝居の稽古である。新たな団員が増えたこともあり、今回の公演は時代物から現代物まで、趣向を凝らした演目が色とりどり揃っている。きっと、観ているお客様を飽きさせないことでしょう。

 さて、一方では年がら年中、毎日が日曜・祭日、今日が何月何日何曜日か?いつ何ん時飯を喰ったのか…喰ってはいないのか?…はたまた何を食したのかさえも定かで無い当座のシニア劇団員は、ご世間様の情勢には一切お構い無く、それぞれのマイペースでお芝居稽古に励んでおります。

 加えて暑くて蒸し蒸しする連日の中、今般、暑気払いを兼ね仲良く爺婆が寄り添って「大人の遠足」を発起する運びとなりました。この遠足、11月に公演予定されている演目の舞台となる江戸日本橋界隈のロケハンを兼ねた懇親会でもあります。楽しみ!楽しみ…

 昨今のニュースによると、日本橋の真上に懸かっている首都高道路を地下へ移動埋設し、昔のように橋上から空を見上げられるようにする計画があるとか…まっ、いつになるか判りませんがいい話ですなぁ~…是非、実現して欲しいものです。

テリーのライブ・お芝居イベントご案内
★★★ 波瀾ばんばん座 ミニ公演予告 ★★★ 第4回ミニお芝居を開催します。

 例年、本公演となる舞台が幕を閉じると「お芝居トライ講座」を開催し、新たに劇団員を募集しています。

先般の公演「私は今日まで生きてきました」が好評だった所為かどうかは判りませんが、今年は大勢の体験希望者が集まって来ました。現在、団員数は30名を突破し、中でも男性の劇団員数が二桁を超え、現在11名にもなりました。

という訳で今回、取り組んでいる演目は数種類あります。団員数が多いので、演目毎に分けて稽古している状況です。11月のミニ公演では、どの演目をお客様へご披露出来るか、またテリーはどの演目に出演するかは未定ですが、明らかになり次第この場でお知らせます。

 朗読芝居を主として、藤沢周平作の時代ものから、落語小噺なども織り交ぜて色とりどりの出し物をご覧になることが出来ます。

乞うご期待!
 ■日時:平成29年11月吉日 (後報)
  午前・午後それぞれ一回づつ公演を予定しています。
 ■場所:シェアスペース にわにわ
 ■演目:未定ですが現在、以下の演目を稽古しています。
     「晩夏の光」「比丘尼橋」 藤沢周平 作
     「晴れた空の下で」 江国香織 作
     「三越の赤い車」 西沢 實 作
     「つる」他 落語小噺より
 ■入場料:ワンコイン (予定) ドリンク付