テリー入口

テリーの独り言
10月13日 (金曜日)
 はやくも10月に突入した。あと、2ヶ月少々で来年お正月がやってくる。いつもながら時が経つのがとても早く感じられる。

昨日は気温が29度まで上がり、夏を思わせるような日だった。今日は一転して晩秋に突入し、気温は15度に急降下して朝から冷たい雨が降り続けている。まっ、涼しいくらいの方が過ごし易いけど、こうも寒暖差があると体調が少々狂うね。
 そんな中「雪やこんこん」のお芝居稽古が進んでいる。右の画像は世に単行本として発刊されているものです。図書館にあったので予約しました。これから借りてきて読み始めます。はてさて、お芝居の台本と同じなのかそれとも、異なった言葉が散りばめられているのかとても楽しみです。

 (早速借りて来て見たところ、台本の内容と全く同じでしたぁ~…まっいいか。
この台本は全186頁、休憩なしでも3時間近くを要する長~いお芝居なのです。当然、役者の台詞は膨大なものとなります。井上ひさしさんの戯曲は、台詞の一言一言がとても重要且つ意味があり、端折ると著作者側からチェックが入るそうです。てな訳で、毎週日曜日と水曜日、本八幡のにわにわで稽古に励んでいます。

私は「秋月信夫」役ですが、やはり台詞が山ほどあり覚えるのに四苦八苦しています。ようやく、1場1幕の台詞が入り始めたところです。残り稽古期間は、4か月もありますが今から少々焦り気味です。と言うのも、台詞ばかりではなく立ち振る舞い、例えば股旅踊りや喜怒哀楽の感情や動きを表現するシーンがとても多くあるのです。

まっ、表現者としてそういうお芝居に出演できるのは、とても仕合わせと思わなくっちゃならないですね。
テリーのライブ・お芝居イベントご案内
★★★ 波瀾ばんばん座 ミニ芝居にわにわ第二回公演 ★★★ 11月の晩秋を控えて、ミニ芝居にわにわ第二回公演を開催します。

 今回はなんと!堂々の五演目をぶちかまします。さぁ~て、テリーはどのお芝居に登場するか!楽しみ楽しみ…

■日時:平成29年11月13日 (月曜日)
 第1回目 11:00~13:10
 第2回目 14:00~15:10
 第3回目 16:00~17:10
  ※開場はそれぞれ開演30分前です。
■場所:スペース にわにわ
    千葉県市川市菅野1-1-23
    ☎ 047-369-7522
■演目:
 「三越の赤い車」西沢 實
 「晴れた空の下で」江国 香織
 「晩夏の光」藤沢 周平
 「雪の比丘尼橋 (びくにばし)」藤沢 周平
  落語芝居「つる」ばんばん座版
■入場料:500円
■要予約:会場は狭いので予約が無いと入場出来ません。チラシをクリックすると詳細をご覧になれます。



演出:吉原 廣
主催:市川市邦楽連盟
詳細は後ほど掲載します。お楽しみに!