暁紅のブログ

あの世へ逝くまでの足跡残し
 テリーがあの世へ逝った後に、遺品整理とかで誰かがこのブログに気が付く。

誰かがこのブログを抹消したくとも、ここのサイト情報は私しか知らない。
それならってんで、このブログを「酒の肴」にしてみんなで大騒ぎしちゃう!
なんてぇ~ことになったら、嬉しいな…ちょいと洒落たブログサイトになるかもね。。。


もう、頑張らなくていいよね…テリー
成るようにしかならんもんね…テリー

これまでがむしゃらに生きてきたもん
成就したこともあったけど…
そうならなかった事 辛い事 苦しい事
悲しい事もあったなぁ~
でも、ここまで生き延びている…

これからは欲張りなお願い事は慎みます
これからは「感謝」を続けます

あの世へ逝くまで・・・

画像:青森・八戸の居酒屋 於・独り酒

 未だ 65 歳の身。
多少、体力や記憶力、それに髪の毛は朽ち果ててしまってはいるが、
自分ではすこぶる健康と思っています。毎年、健康診断もしてるしね。

だけど、いつ何かあってポックリ逝っても可笑しくない。差し当たり、
あの世へ行くまでの足跡を、ここのサイトへ残しておくこととする。
自らの生き様を公に、自由気儘に記録を残せるネット時代だもんね。

でも、生き生きしている時のブログは、きっとつまらん独り言だろう。
読んだ人は「テリーこの野郎、未だくたばらねぇ~のかッ!」ってね。

面白くなるのは、テリーがあの世へ行く「兆候」が表れ始めた辺りだ。
ブログを書く私も、読むほうもきっと熱が入ってくるだろう。いつ頃
かは未だ不透明だが、読み応えの有るブログを書きたい!

病か老衰ならば恐らく、病院のベッドの上で寝てkキーボードを叩いて
いるんだろうな。周囲の環境を逐次観察しつつ、ベッドの周りに配備
されている医療機器のディスプレイに映し出されるサインカーブや、
各種データを写メし、ソナー等も録音してブログに残してみたいね。

あの世まで後1週間位?…なんてぇ~時頃は単なるブログじゃないぞ。
医師や看護婦らの対応状況、家族らの思惑は?親戚や知り合いの人達
の表情は?よう~く観察しながら力の限り、ブログに書き込むのだ!

きっと、世の中の貴重な情報として遺留することは間違い無いだろう。
ついでに「遺書」もブログに残しておこう。

 逝く "間際" までブログを書き続けることが出来るるよう、健康に
留意し、身体と精神を鍛錬しておこう!

テリー