今月の独り言

0-1-2-3-4-5-6-7-8-9-10

未だ 65 歳の身ではありますが、
「万一の兆候」が出た際には、できるだけ速やかに
その旨をご通知申し上げます。

手っ取り早く、生存バロメータを10段階にして
「爺の独り言」内に記します。
以上であれば元気でいるという証です。
テリー の独り言 7月14日 (金) レベル 7
2017 Drummers Party at Live House "ANGA" July 1 2017

 バンド仲間が、先日のライブ動画をYoutubeにアップロードしてくれました。有難うございます。なので早速、テリーのホームページに掲載させて頂きます。当日来られた方も、来られなかった方も是非ご覧下さいまし。

 流石に、ライブハウス場内で録音した音は迫力あるね。多少間違えても?判らないというか、場内の爆音で掻き消されるみたいね。(笑) まっ、それなりにロックしてノリノリの雰囲気だから良しとするか。

いつもは、ライブの後で DVD 録画を見るんだけど、 PA-LINE 入力で録音された生音を聞いるので、ボロが丸聞こえ。だけど、ライブハウス会場内の実音は、PA さんが調整してくれるナイスサウンドにお客さんの歓声や適度な雑音も混じって結構、迫力あるもんだねぇ~!、と自画自賛する。

 今回、冒頭2曲 (A Hard Day's Night, And I Love Her) では画像にあるようにウィッグを被り、さらにビートルズのジャケット衣装を着て演奏をぶちかましました。でも、このスタイルを理解するお客さんは余り居なかったような…さて、次回はどんな演出しようかしらね。

テリーの独り言 7月2日 (日) レベル 7
  昨夜、CHIBA LIVE HOUSE "ANGA" でライブ演奏をぶちかましました。

このライブは、千葉に本拠を構える某ドラムス教室が生徒さん達の練習成果を発表する場として開催しているドラマーズパーティなのであります。

最近は、1年に一度の催事となっていますが、1999年に始まり、今年で26回目となるとても息の長いお祭りです。

この日夕方から、男女十数名のドラマー生徒さん達が "ANGA" に終結し気勢を上げました。驚く無かれ、若手からシニアの女性ドラマーが8割を占め、日ごろの鬱憤を晴らすかのように、ドラムスを叩きのめしていたのが印象的でありました。

 さて、テリー所属バンドの「ザ・四人はアイドル」はどうかと言うと、記念すべき第1回から参加している古手ドラマー生徒さんが主役です。このバンドは「ビートルズ」のコピーバンドで、原則としてビートルズの曲しか演奏しません。とは言っても、今回は2曲 (Run away, Pretty Woman) ほど、邪道へ逸れた曲を張り倒し、観客を少々驚かせました。

他の生徒さん達の発表は、各々15分程度 (2~3曲) の持ち時間で演奏するのに対し、我ら「ザ・四人はアイドル」の持ち時間は50分 (22曲)。決して上手くは無いですが、いつも「トリ」のバンドとして登場し、お笑いトークを混ぜて場の雰囲気を盛り上げ、目出度くお開きになります。

 「波瀾ばんばん座」や「いちミュー」のお仲間達、千葉のライブハウスまでご足労頂き、また黄色い声援「テリー」も頂き誠に有難うございました。これに懲りず、またよろしくお願いします。